孤独 = 自由 人は、我が儘な生き物  だから 自ら 自由を愛し 孤独を嫌う 自ら 癒しを探し 癒しを愛する  でも    自由を      手放さないから 孤独で自由でいたい  でも愛が欲しい  だから 誰れもが こころのセラピー癒しを   求めるの  だろう

森林セラピー

静かに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・























そっか












そんな言葉だけで いい
森は 生きている









あの時の  森は いない
思い出は あの日のあの時だけ






ペンタックス [OPTIO]防水デジタルカメラWG-1GPS(GPS内蔵/1400万画素/光学x5/デジタル約x6.7/10m



森は 休まない
アクティブな 自然




写真に収める  なんてできない




こころの雨は 森の栄養へ
 

笑顔は 虫たちの語らいを


驚きは 一本の花へ



ギリギリの崖で 今の白地図をさぐり
居場所さえわからないとき




相棒を訪ねたい 


キミがキミでいてくれれば   それで  いいと



防水・防塵・耐衝撃にGPSを搭載!どこでも使える防水デジタルカメラ!GPSを搭載してるから自転車/...




さぁーーーーーー明日は 




違う日が始まる 

森林セラピーを 忘れないで









posted by K・Pigeon at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森林セラピー(森林浴)

森林セラピー(関東)御岳山

森林セラピー

御岳山 (東京都)


日の出山から御岳山

日の出山から御岳山と大塚山
御岳山(みたけさん)は、東京都青梅市にある標高929mの山。

山頂に武蔵御嶽神社がある。通常 狛犬 が居るところに狼が立ちはだかるところが、まず人目を驚かせる。

JR青梅線御嶽駅からバスまたは徒歩でケーブルカー御岳登山鉄道滝本駅まで行き、同御岳山駅下車。御岳山駅から神社へ続く参道、門前町の集落には、天然記念物「神代ケヤキ」、二十数件の宿坊、ビジターセンターがある。奥に鋸山があり、その奥に大岳山がある。

8月には、5万株といわれるレンゲショウマの花が咲く。

JR御嶽駅近辺の多摩川沿いの地域は、御岳渓谷として、多摩川と青梅街道にはさまれる形で遊歩道が整備されていて、喫茶店やギャラリーがあり、ハイキングをしたり、カヌーに興じる人たちも居る。ハイキングのあとゆず風呂とゆず料理が楽しめる旅館勝仙閣もある
posted by K・Pigeon at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森林セラピー(森林浴)

森林セラピー(関東)明治神宮

森林セラピー

明治神宮

内拝殿
所在地 東京都渋谷区代々木神園町1番1号
主祭神 明治天皇
昭憲皇太后
社格等 官幣大社
創建 大正9年(1920年)
本殿の様式 --
例祭 11月3日(明治天皇御誕生日)
主な神事 --

正月三日早朝の明治神宮外拝殿明治神宮(めいじじんぐう)

(正式な表記は「宮」中の「呂」の「口」間の線が入らない)は、

東京都渋谷区にある神社。初詣では例年日本一の参拝者数を集める。

明治天皇と昭憲皇太后を祭神とする。

由緒

明治45年(1912年)に明治天皇が崩御し、続いて大正3年(1914年)に皇后で

あった昭憲皇太后が亡くなると、
その遺徳を偲ぶ国民から夫妻を祭る神社を求める機運が高まった。

これを受けて政府は神社奉祀調査会を設置して審議し、

大正天皇の裁可を受けて大正4年(1915年)5月1日、

官幣大社明治神宮を創建することが内務省告示で発表された。

明治天皇が

「うつせみの代々木の里はしづかにて都のほかのここちこそすれ」と

詠んだ

代々木の南豊島世伝御料地を境内地として造営が行われた。


大正9年(1920年)11月1日に鎮座祭が行われた。

代々幡町(現在の渋谷区)の代々木に鎮座するまでには、

さまざまな自治体が名乗りをあげ、

埼玉県飯能町(現在の飯能市)の朝日山に明治神宮を鎮座し、
明治天皇が登られた「天覧山」一帯を神宮の外苑にしようとの計画が
あった事もいわれていた。


昭和18年(1943年)に外苑にて出陣学徒壮行会が開催され雨のなか、

約7万の入隊学徒が行進した。


昭和20年(1945年)の空襲の際に社殿のほとんどが消失したが、

昭和33年(1958年)に再建され、

近年の初詣では、

大晦日から正月三ヶ日の間で300万人前後にものぼる
日本一の参拝者を集めている。

そのため、
警察庁警備局主導の集中警備本部が設置され多くの警察官が警備にあたる。


第二次世界大戦後は宗教法人神社本庁の被包括宗教法人となり

別表神社に指定されていたが、

平成16年(2004年)に神社本庁との包括関係を解消し、

単立神社となった。

通常であれば単立神社に移行した神社に所属する
神職の神社本庁から与えられた資格(階位など)は抹消されるが、
明治神宮の宮司がしばらくしたら神社本庁に合流すると神社本庁に確約したため、特別に神職の資格はそのままとされていた。

しかし、その特別措置は平成18年(2006年)8月31日をもって終了した。

境内

明治神宮 鳥居内苑と外苑に分かれており、

内苑には日本各地や朝鮮半島・台湾からの
献木365種約12万本が計画的に植えられた。

昭和45年(1970年)の調査時には247種17万本となっていて
都心部の貴重な緑地として親しまれているだけでなく、人工林が自然化したものとしても注目されている。

設計は林学の本多静六、本郷高徳、上原敬二、農学/造園の原熈、折下吉延。なお

本殿は京都府向日市の向日神社本殿(1418年建築、重要文化財指定)を1.5倍のスケールにしたものである。

明治神宮外苑は明治19年(1887年)に近衛師団、

第一師団に所属する部隊の教練場として作られた、

青山練兵場の跡地に明治天皇崩御の後に造営されたもの。

東京都新宿区、港区にわたり、国民の献金によって絵画館・憲法記念館(戦後は明治記念館)・陸上競技場・野球場などを備えた公園施設として整備された


posted by K・Pigeon at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森林セラピー(森林浴)

森林セラピー(関東)桐生川

森林セラピー

桐生川
桐生川源流林 (群馬県桐生市)

水系 渡良瀬川水系
延長 57.554 km
水源の標高 -- m
平均流量 -- m³/s
流域面積 105.4 km²
水源 根本山(桐生市・佐野市)
河口 渡良瀬川(足利市)
流域 群馬県桐生市、
栃木県足利市、佐野市
桐生川(きりゅうがわ)は群馬県桐生市、栃木県佐野市の境界に位置する根本山に源を発し、渡良瀬川に流入する利根川水系の一級河川。流路延長57.554km、流域面積105.4km²

posted by K・Pigeon at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森林セラピー(森林浴)

森林セラピー(関東)釈迦ヶ岳

釈迦ヶ岳

釈迦ヶ岳(しゃかがだけ・しゃかがたけ)は、

釈迦如来を山頂あるいは山麓・山中に祀った事に由来する名称の山。



釈迦ヶ岳 (栃木)は高原山系の栃木県塩谷郡塩谷町にある山。標高は1795m。
釈迦ヶ岳 (山梨)は御坂山系の山梨県笛吹市にある山。標高は1641m。
釈迦ヶ岳 (鈴鹿)は鈴鹿山脈の滋賀県東近江市と三重県三重郡菰野町の境界にある山。標高は1092m。
釈迦ヶ岳 (奈良)は大峯山系の奈良県吉野郡十津川村と下北山村の境界にある山。標高は1800m。
釈迦ヶ岳 (宮崎)は宮崎県東諸県郡国富町と綾町の境界にある山。標高は831m。
posted by K・Pigeon at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森林セラピー(森林浴)

森林セラピー(関東)

森林セラピー


関東

奥久慈憩いの森 (茨城県久慈郡大子町)

大洗の松林 (茨城県東茨城郡大洗町)

大沼の森 (栃木県那須塩原市)

釈迦ヶ岳の栃木県県民の森 (栃木県矢板市)

桐生川源流林 (群馬県桐生市)

武尊自然休養林 (群馬県利根郡片品村)

埼玉県県民の森 (埼玉県秩父郡横瀬町)

両神国民休養地 (埼玉県秩父郡小鹿野町)

舘山野鳥の森 (千葉県館山市)

鹿野山 (千葉県富津市、君津市)

高尾山 (東京都八王子市)

明治神宮の森 (東京都渋谷区)

御岳山 (東京都青梅市)

藤野(相模湖)の雑木林 (神奈川県津久井郡藤野町)

真鶴岬 (神奈川県足柄下郡真鶴町)

西丹沢神奈川県県民の森 (神奈川県足柄上郡山北町)

青木ヶ原樹海 (山梨県南都留郡富士河口湖町、鳴沢村)

西沢渓谷歩道 (山梨県山梨市)

よりいくつか後紹介有り。
posted by K・Pigeon at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森林セラピー(森林浴)

森林セラピー(東北)阿武隈川

森林セラピー

阿武隈川(あぶくまがわ)


阿武隈川下流(角田市、2005年4月)
延長 239 km
水源の標高 1,835 m
平均流量 67.3 m³/s
流域面積 5,390 km²
水源 旭岳(福島県)
河口 太平洋(宮城県)
流域 福島県・宮城県
阿武隈川(あぶくまがわ)は、福島県、宮城県を流れる一級水系阿武隈川水系の本流で一級河川。流路延長239km、流域面積5390km²。東北では北上川に次ぐ長さの川である。古くは大隈川とも呼ばれた
posted by K・Pigeon at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森林セラピー(森林浴)

森林セラピー(東北)羽黒山

森林セラピー

羽黒山(はぐろやま、はぐろさん)

はぐろさん
羽黒山 (山形県) - 山形県鶴岡市にある山。出羽三山の一つ。
         標高414メートル。
出羽三山
出羽三山(でわさんざん)とは、

山形県庄内地方にひろがる月山・羽黒山・湯殿山の総称である。修験道を中心とした山岳信仰の場として、現在も多くの修験者、参拝者を集める。

それぞれの山頂に神社があり、これらを総称して出羽三山神社という。羽黒山に三社の神を併せて祀る三神合祭殿があり、宗教法人としての事務所も羽黒山(鶴岡市羽黒町手向7)に置かれている。

山名 社名 祭神 本地仏 所在地
月山 月山神社(がっさんじんじゃ) 月読命(月山権現) 阿弥陀如来 鶴岡市・庄内町・西川町境

羽黒山 出羽神社(いではじんじゃ) 伊氏波神・稲倉魂命(羽黒権現) 正観世音菩薩 鶴岡市・庄内町境


湯殿山 湯殿山神社(ゆどのさんじんじゃ) 大山祇神・大己貴命・少彦名命(湯殿山権現) 大日如来 鶴岡市・西川町境
posted by K・Pigeon at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森林セラピー(森林浴)

森林セラピー(東北)風の松原

風の松原、、能代海岸の松原

風の松原(かぜのまつばら)とは、

秋田県能代市の海岸に面したクロマツの防風林のこと。

全域が保安林に指定されている。

林内には、サイクリングコースやジョギングコースが設けられ、
市民の憩いの場にもなっている。


歴史
〜江戸時代初頭 冬の季節風による飛砂で

農地などに大きな被害が出た。


1700年代 廻船問屋の越後屋太郎右エ門、庄屋の村田久右エ門により
クロマツの植栽が始まる。

以後、篤志家による植栽が断続的に続くが、

気象害や住民が燃料に用いるなどにより定着せず荒廃した。

1797年以降 久保田藩による植林が開始される。

明治年間 国有林に編入され、営林署による植林、管理が進む。

1989年 日本三大松原に風の松原らを加えた

日本五大松原サミットが開催される。



マツクイムシによる被害

冷涼な地域には拡大しないと考えられてきたマツクイムシの被害地は年々北上。1999年には、風の松原にも被害木が発見されるようになった。

2006年現在、防除が行われているものの、膨大な面積のため、全てに手は回らず、被害が深刻化しつつある。
posted by K・Pigeon at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森林セラピー(森林浴)

森林セラピー(東北)八幡平

八幡平


八幡平(2004年8月撮影)
八幡平(はちまんたい)は奥羽山脈北部の山群。

岩手県、秋田県にほぼ等面積で広がる楯状火山跡である。

広い高原上のあちこちに様々な形の火山起源の小さなピークがそびえ、

その間に無数の沼や湿原が点在する。

最高地点の標高は1613m。

岩手県側の市町村合併で「八幡平市」が新市名に決定した折、

「八幡平は秋田のものだ」とクレームがつく騒動があった

八幡平周辺は東北地方でも有数の温泉地帯、特徴のある温泉が多数湧出している。 頂上近くの藤七温泉や蒸ノ湯温泉(ふけのゆ)のほかに、少し足を伸ばせば火山地獄が見られる後生掛温泉や、北投石で有名な玉川温泉などの名湯がある。一帯は八幡平温泉郷として、国民保養温泉地にも指定されている。
posted by K・Pigeon at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森林セラピー(森林浴)

森林セラピー(東北)十二湖

十二湖

十二湖(じゅうにこ)は、青森県西津軽郡深浦町にある

複数の湖の総称のこと。白神山地の一角で、
津軽国定公園内にある。


十二湖を称する湖は1704年の能代大地震よる崩山(くずれやま)の

崩壊で塞き止められた川から形成されたのではないかと推定されている。

十二湖の名称は「大崩から見ると湖沼数が12見えるから」と言われてが、

何を基準に「12」としたか、詳しくは分かっていない。

ただし、偶然にも面積10,000平方メートルを超える湖沼数は12となっている。近隣にはブナ林が密集し、

それらの水分の含有量が多いため、自然の造った水桶あるいはダム、

しかも自然の浄化装置を持つとでも表現できるほどの水質の良い水を

各所で湧き出している。

湖の総数は約30あり(以下の表)、それぞれ透明度は高い。


湖沼の名 ふりがな 面積 u 深度 m 平均深度 m

1 青池 あおいけ 975 9.0 5.0
2 鶏頭場の池 けとばのいけ 41,150 21.9 10.0
3 がま池 がまいけ 200 - -
4 沸壷の池 わきつぼのいけ 575 3.1 1.9
5 落口の池 おちくちのいけ 27,200 20.3 9.8
6 中の池 なかのいけ 13,050 14.4 7.7
7 越口の池 こしぐちのいけ 47,450 23.3 14.2
8 王池 おういけ 53,500 24.0 10.8
-  東湖盆 ひがしこぼん (39,200) 24.0 12.1
-  西湖盆 にしこぼん (14,300) 13.0 7.5

9 二ツ目の池 ふたつめのいけ 5,950 8.0 5.2
10 八景の池 はっけいのいけ 11,500 12.8 4.0
11 仲道の池 なかみちのいけ 1,950 1.8 1.2
12 八光の池 はっこうのいけ 575 - -
13 日暮の池 ひぐらしのいけ 11,050 15.9 6.9
14 小夜の池 さよのいけ 752 - -
15 影坂の池 かげさかのいけ 2,500 3.8 2.1
16 長池 ながいけ 9,800 7.6 2.5
17 四五郎の池 しごろうのいけ 3,500 - -
18 子宝の池 こだからのいけ 300 - -
19 埋釜の池 いかりがまのいけ 1,400 5 2.4
20 道芝の池 みちしばのいけ 1,300 - -
21 石穀の池 いしこくのいけ 300 - -
22 萱原の池 かやはらのいけ 1,000 - -
23 金山の池 かなやまのいけ 33,100 15.5 6.9
24 糸畑の池 いとばたけのいけ 29,850 17.0 7.8
25 三蔵の池 さんぞうのいけ 325 4.7 3.5
26 牛蒡の池 ごぼうのいけ 8,550 10.5 4.3
27 千鳥の池 ちどりのいけ 2,000 7.6 3.1
28 面子坂の池 めんこざかのいけ 30,500 15.5 7.7
29 濁池 にごりいけ 20,900 5.6 3.6
30 大池 だいいけ 91,350 27.3 12.9
-  東湖盆 ひがしこぼん (27,200) 9.1 5.3
-  西湖盆 にしこぼん (64,150) 27.3 14.9
31 破池 やぶれいけ 6,000 6.7 3.7
- 計 - 313,702 - -

posted by K・Pigeon at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森林セラピー(森林浴)

森林セラピー(東北) )

森林セラピー

東北

浅虫生活環境保全林 (青森県青森市)

十二湖自然休養林] (青森県西津軽郡深浦町)

安比高原ブナ林 (岩手県八幡平市)

耗山国有林、十二神自然観察教育林 (岩手県宮古市)

高田松原 (岩手県陸前高田市)

仙台自然休養林 (宮城県仙台市)

宮城県県民の森 (宮城県仙台市、利府町)

八幡平 (秋田県鹿角市)

能代海岸の松原 (秋田県能代市)

羽黒山・参道の杉並木 (山形県鶴岡市)

高館山自然休養林 (山形県鶴岡市)

背あぶり山(会津東山自然休養林) (福島県会津若松市)

阿武隈川源流の原生林 (福島県西白河郡西郷村)

よりいくつか後、紹介有り。
posted by K・Pigeon at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(1) | 森林セラピー(森林浴)

森林セラピー(北海道)利尻島

利尻島

遠別町から見た利尻島

利尻島(りしりとう)とは、北海道北部、日本海上に浮かぶほぼ円形の島。

面積182.11km2。利尻岳を主体とした火山島である。 有史以来火山活動の記録は無い。 島の東半は利尻富士町、西半は利尻町に属する。

鴛泊港(利尻富士町)と沓形港(利尻町)から、稚内及び礼文島へのフェリーが就航している。

また、利尻空港から新千歳空港への飛行機(全日本空輸)が就航している。

島の大部分は利尻礼文サロベツ国立公園に指定されている。

網走自然休養林 (北海道網走市)も森林セラピー

posted by K・Pigeon at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森林セラピー(森林浴)

森林セラピー(北海道)函館山

北海道

函館山

山頂から夜の函館を望む函館山(はこだてやま)は、

北海道函館市の市街地西端にある山で、陸繋島でもある。

標高334m、周囲約9km。牛が寝そべるような外観から臥牛山(がぎゅうざん)とも呼ばれる。
また、NHK・民放各局のテレビ、FMラジオの送信所が建っているが、
UHF局(HTB、UHB、TVH)は青森県側に電波が飛ばないようにするため、送信アンテナに指向性がかけられている。

また、函館山とは展望台のある御殿山 (334m) をはじめとして、薬師山 (252m)、つつじ山 (306m)、汐見山 (206m)、八幡山 (295m)、水元山 (280m)、鞍掛山 (113m)、地蔵山 (286m)、入江山 (291m)、エゾダテ山 (129m)、観音山 (265m)、牛の背山 (288m)、千畳敷 (250m) といった13の山の総称である。

山頂には展望台が設置され、

山麓からは函館山ロープウェイや一般道(ただし一般車は夜間や冬季は通行できない)を通じてアクセスすることができる。


昼間晴れた日には眼下の函館市街はもとより、

津軽海峡を挟んで遠く下北半島をも望むことが可能である。

夜間には陸繋島のくびれた形の市街に輝く街灯りと漆黒の海の部分の

コントラスト、さらにイカ釣り漁船が漁の際に灯すランプ(集魚灯)

が織り成す、美しい夜景が有名である。

夜景の中に「スキ」や「ハート」という文字を見つけると幸せになれたり両思いになれると言われている。

香港、ナポリとともに「世界三大夜景」と称される。
posted by K・Pigeon at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森林セラピー(森林浴)

森林セラピー(北海道)野幌森林公園

北海道

野幌森林公園(のっぽろしんりんこうえん)は、石狩平野中央部の野幌丘陵に設けられた北海道立自然公園である。

江別市・札幌市厚別区・北広島市の3市にまたがる。

広い天然林を中心に、自然と歴史に接するための施設が付属する。

公園面積は2,051ヘクタールで、このうち78%を占める国有林は「昭和の森野幌」として、自然休養林に指定されている。

森林の全体を野幌原始林と呼ぶことも多が、現在は野幌原始林として特別天然記念物に指定されている部分は野幌森林公園に含まれていない。

クマゲラをはじめとする希少な生物が生息しているが、

近年アライグマの野生化などによる在来生物への悪影響が懸念されている。

posted by K・Pigeon at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森林セラピー(森林浴)

森林浴の森100選

森林浴の森日本100選
(しんりんよくのもりにほん100せん)とは、

林野庁と緑の文明学会、地球環境財団が共同で、
1986年(昭和61年)に制定した百選。

制定は、林野庁が1982年に「健康・保養に日本の森林を活用しよう」と提唱する際、『森林浴』という言葉をキャッチフレーズ的に使ったことから

広く森林浴という言葉が広まり、
乗じて、「日本の森林を21世紀に引き継ぐため、また、自然保護の精神を養い国民の健康増進に役立てること」を目的として、全国各地から100ヶ所の森を選定したものである。

posted by K・Pigeon at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森林セラピー(森林浴)

森林セラピーのフィトンチッドって?

フィトンチッド

フィトンチッドとは、

植物が傷つけられた際に放出する殺菌力を持つ
揮発性の物質のことを指す。


1930年ごろ
ロシアのボリス・トーキンが、

植物を傷つけるとその周囲にいる細菌などが死ぬ現象を発見した。


ボリス・トーキンはこれを植物が周囲に何らかの

揮発性物質を放出したためと考えて、

この物質をフィトンチッドと命名した。



フィトンチッドは

「植物」を意味する「Phyto」と「殺す」を意味する「cide」から

作られた造語である。


植物の精油に含まれる

テルペノイド等には殺菌力を持つ成分が数多く含まれており、
これらの物質がフィトンチッドの本体と考えられる。


似たような性質を持つ物質を指す言葉にファイトアレキシンがある。

ファイトアレキシンは

植物が昆虫に食害されたり
病原菌に感染したときだけに生合成されて昆虫を忌避させたり
病原菌を殺菌して防御する物質を指す。


これに対して

フィトンチッドは常時生合成されている。

ファイトアレキシンはフラボノイドやテルペノイドに属するものが多いが、

精油に含まれる成分に比べると分子量が大きく揮発性はずっと低い。

フィトンチッドのもともとの意味から外れて、
ファイトアレキシンも含めた殺菌力を持つ物質全般を

フィトンチッドと称したり、

植物が生合成する生理活性物質全般をも総称して

フィトンチッドと総称したりしていることもある。

フィトンチッドはその殺菌性や森林の香りの成分であるということから
良いイメージがあり、

森林浴の効能を紹介する際に良く用いられている
posted by K・Pigeon at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森林セラピー(森林浴)

森林浴の効果はねぇ〜♪

森林浴の効果


森林浴の効果は科学的なものより精神的なものが大きい。
科学的な効能としては樹木が発散するフィトンチッドと呼ばれる物質が
作用しているとされる。

また、マイナスイオンが多いことも上げられる。

森林の空気は排気ガスなどが含まれる都市部の空気より体に優しい

枝葉のさわめきが1/fの揺らぎを持っているので気持ちが安らぐ

日常と離れた場所にくることにより雑念を忘れられる(転地効果)

近年では、
脳波測定などを用いたリラックス効果などの定量化が試みられており、
森林浴が人間に与える影響の科学的根拠が示されつつある。

posted by K・Pigeon at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森林セラピー(森林浴)

森林セラピー

森林浴(しんりんよく)は、


樹木に精神的な癒しを求める行為。


近くの公園や林を散歩する程度から登山やキャンプ


植物園見学まで幅広く森林浴に含まれる。

posted by K・Pigeon at 14:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 森林セラピー(森林浴)