孤独 = 自由 人は、我が儘な生き物  だから 自ら 自由を愛し 孤独を嫌う 自ら 癒しを探し 癒しを愛する  でも    自由を      手放さないから 孤独で自由でいたい  でも愛が欲しい  だから 誰れもが こころのセラピー癒しを   求めるの  だろう

愛しのペットアロマセラピー |クリステン・レイ ベル

愛しのペットアロマセラピー愛しのペットアロマセラピー
クリステン・レイ ベル
さんが出版 刊
発売日 2004-04




大変参考になりました! 2005-11-29
私はアロマテラピーに関してはあまり知識がなく、ただ動物に関連した仕事を行っているため興味本位に読んでみたのですが、これがなかなかためになりました! 始めは難しく感じたのですが、それも何度も読めばよく分かるようになりました。 生化学的な話もでてくるので、苦手な人もいるかもしれませんが実際に動物に使用するなら必要な知識だと思います。 繰り返し読んでいくと必要な情報がぎっしりとつめこまれていて実用的で著者と訳者の努力が伺えました。 あと欲を言えば、もう少し精油の種類について多く、そして細かく書かれていればなお良かったのではないかと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by K・Pigeon at 19:20 | 癒し( ヒーリング )

癒し

癒し(いやし)、ヒーリングとは、



心理的な安心感を与える事。またはそれを与える




能力を持つ存在の属性である。






posted by K・Pigeon at 11:08 | TrackBack(0) | 癒し( ヒーリング )

最近の癒し系〜

近年は若者を中心として、


癒しの特徴、特性を持つ人物や物体などを「癒し系」と表現することがある。

特に芸能界においては、

主に「ほんわか」「やんわり」とした視聴者を和ませる雰囲気がある女優や

グラビアモデル、タレントをさす言葉として定着しつつある。

また、お笑い芸人や男性政治家、学者にも「癒し系」と称される人は存在する。


過激な表現を用いず、
ファンタジーやノスタルジーを主題とするテレビゲームも「癒し系」というジャンルで呼ばれる。



癒しの持つ力は

心身ともに持続的・恒久的・継続的な安らぎの効果をもたらす。

過激さの持つ力は、瞬間的・一時的なもので、
しかも往々にして強い心的刺激を伴うので心身に悪影響を及ぼす可能性がある。


人間には心身ともに癒し要素を
持つものが本質的には受け入れられる。


特に心身にストレスがたまっている場合などは過激さは不適切である。

バブル時代は白熱した刺激が好まれる傾向もあったが、

バブル崩壊後、社会が不安になってくると過激な刺激はよどみ嫌われた。

元々、過激さには人体危険が伴うのが常であり、

それを求める傾向は一種の自虐行動である。
心理学的に人間が本質的に求めているのは安らぎと平穏であり

もともと人間は攻撃的な要素を好まない。

もしくは極力避けることで自己防衛を図る生き物なので、

癒しを求めることを攻撃的要素を避ける意味でも非常に大きな意味を持つと

本能的に知っている故の現象である。

posted by K・Pigeon at 06:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し( ヒーリング )

癒し系

癒し系とは、

日本で1990年代後半から2000年代前半にかけて現れた言葉で、

元々はテレビに出演する女性芸能人において、

和み・癒し・安らぎを感じさせるような人物およびそのふるまいを指す。


はじまりは飯島直子が出演した缶コーヒーのCMの姿を指して使われ、

その後同じく飲料水系のCMに出演した井川遥や優香が言われた。

タグ:癒し系
posted by K・Pigeon at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し( ヒーリング )

癒しの手法

癒しの手法

セラピー

森林セラピー  アロマセラピー

 足つぼマッサージ  韓国式マッサージ

アニマル・セラピー  台湾式リフレクソロジー  ヒーリング音楽

「FEEL」シリーズ  「image」 音楽療法  自然  森林浴 ハーブ -  

   園芸、 香り、 紅茶など

瞑想 座禅 趣味 ガーデニング 少女漫画 自律訓練法 カウンセリング
タグ:癒しの手法
posted by K・Pigeon at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(3) | 癒し( ヒーリング )

癒しの世界へ続1

現在では、


そうした言葉の出自が及びもつかないくらいの多様で


曖昧な用い方をされている。

その用法のあらましを鑑みるに、ストレスやうつ病傾向など

過度の緊張や慢性的な心的疲労を蓄積させている人に、


さまざまな手法で、一時的、あるいは中短期的なストレス軽減のための

手段を提供する行為、また手段、そのためのアイテムのさまざまなものを

総称して、癒し、癒しグッズという言い方をしている。


こちらでも、自分を取り戻す、

自分の居場所、自分が拠り所とみなす人々の元にあることは

同様の重要性を持っている。

posted by K・Pigeon at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し( ヒーリング )

癒しの世界を探して

癒しは元々、


宗教学や宗教人類学で、

未開社会の暮らしを続ける人々の間で呪術医が、

病に陥った人を治す悪魔祓いの行為についていったものだという。

上田紀行の『覚醒のネットーワーク』(かたつむり社 1990年)で、

セイロンの悪魔祓いについての言及の中で使用されたのが、

この言葉の今日のような用法での最初だという。こ

ちらの意味では、なんらかの原因で、地域社会や共同体から、

孤立してしまった人を再び、

みんなの中に仲間として迎え入れること、


そのための音楽や劇、踊りを交えて、

霊的なネットワークのつながりを再構築すること、これこそが癒しだという。

posted by K・Pigeon at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し( ヒーリング )