孤独 = 自由 人は、我が儘な生き物  だから 自ら 自由を愛し 孤独を嫌う 自ら 癒しを探し 癒しを愛する  でも    自由を      手放さないから 孤独で自由でいたい  でも愛が欲しい  だから 誰れもが こころのセラピー癒しを   求めるの  だろう

メセ&小鳥

どこに どうやって過ごしているのかなぁ
或る日からずーっとこころが 静かにあゆみだして


家族っが?ビジネスと繋がる日は
おそらく 

結婚という  隠された  比喩に存在する
あまりにも 華やかで しあわせという

それは 曖昧で大きなベールでスッポリ隠され
計算なんて考えていないしかもお家のお嬢さん♪

失敗談をよく耳にする あなたが悪いなんてアドバイスはしない
だって・・・殆どが 小鳥なんだもの

どちらが先かは 予測ができる

一緒の行動を望んで 自由な生き方を望んで
家族を考えた らしい・・・

子供って 本当に 宝 !
小さくても 大きくても 親子


母と子の姿は 父と子の姿より


   愛おしいでしょ〜  何故?


あ・・
小鳥って  何で逃げるのかなぁ



鳥が カゴから 逃げた  なんで?

そこで 生まれてそこが家なのに・・・
逃げるって なんでなんだろう


鳥は 自分の家がワカラナイ 戻らない
戻れないわ 


もしも  飛び出して
家が わからなくなった小鳥

あなたに 拾って育てて と 頼もうっ 
あの体力じゃ  そう

とても海外までは^^飛べそうもない 
・・ねぇ♪

カバンだけ用意しよう・・・って
【40%OFF!】 エルメス 『バーキン40』 アルデンヌ ナチュラル×ゴールド金具 G刻印 / 03年製 【...
posted by K・Pigeon at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー

登山好き^^☆

疲れたら  出かけよう
ココロの元気に 山のぼりがいい



一番好きな 山は高尾山^^ 次が富士山
何で?? 高尾山が一番なの? ワカル


気楽さが 大切なんだ 
気さくな山 だねぇ


世界的に人気は   富士山
見た目だって 富士山が 好き☆^^


んーーーーー神の宿る山
絵になる




でも



ちょっと
 出かけたい 元気もらう
   


  ココロに 高尾山^^


高尾山

 時を急ぐ現代人は いいのか・・・・・・も


でも
 富士山に そろそろ  ゆっくり登りたい 

   
 富士山のーーひとり登山は ・・・

        まだ  早いか


あなたは、富士山が好き☆なの?

posted by K・Pigeon at 08:36 | TrackBack(0) | アロマセラピー

ラベンダーについて

ラベンダー

分類
界: 植物界 Plantae
門: 被子植物門 Magnoliophyta
綱: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
目: シソ目 Lamiales
科: シソ科 Lamiaceae
属: ラヴァンデュラ属 Lavandula


L. angustifolia
L. x intermedia
L. latifolia
L. stoechas

ラベンダー(英:Lavender)はシソ科の背丈の低い常緑樹であり、

ハーブ、アロマセラピー、観賞用にされる。春に紫や白、ピンク色の花を咲かせる。紫色の花がもっともポピュラーであり、ラベンダー色とは薄紫色を意味する。原産は地中海沿岸といわれる。

ラベンダーには鎮痛や精神安定、防虫、殺菌などに効果があるとされる。属名の Lavendula は「洗う」という意味のラテン語に由来する。

これはローマ人達が入浴や洗濯の際にラベンダーを湯や水に入れることを好んだためだという。

ラベンダーには様々な原種や品種があり、Lavandula angustifolia(以前は L. officinalis)がもっとも有名。


ラベンダーの花葉のみならず花も食用とされ、

チャールズ1世の妃、アンリエッタ・マリアは、
ラベンダーの花を刻んで粉砂糖と混ぜ、
ローズウォーターでペースト状に練った砂糖菓子が大好物で、
これをビスケットなどに塗って食べていたという。

高温多湿は苦手であり、CfbやDfaで多く栽培されている。

日本では北海道のラベンダー畑が有名。
上富良野町や中富良野町、ニセコ町のシンボルに指定されている。

1970年代までは主に香料の原料用であったが、
1980年代からは映画やドラマなどにキーワード的に登場するなど一般に
知名度が高まり、観賞用として用途が変わり品種改良が進められた
ほか栽培技術も進歩した。
現在では、耐候性や開花時期に幅が広がっている。


ラベンダー畑


主な品種
ヨーロッパ各地で盛んに品種改良が行われたことや、
交雑種を生じやすい性質のために、品種名や学名はかなり混乱している。
また植物学上の分類では同一品種であっても産地により抽出されるオイルの成分構成や香りが異なる事から、生産地名を加えて区分しているものもある。


posted by K・Pigeon at 05:41 | Comment(0) | TrackBack(1) | アロマセラピー

アロマセラピー歴史

アロマセラピー歴史

1920年、南フランスのプロバンス地方において、
火傷の傷にラベンダーの抽出油を塗ったところ、
痛みが和らいだことから、植物の抽出油の研究が始まったといわれている。

ルネ・モーリス・ガットフォセは主に代替医療方面の技術として

アロマテラピーを研究、発展させたが、
弟子であるマルグリット・モーリーは、アロマテラピーをおもに美容方面に
活用できる技術として研究し、イギリスに伝えた。

このため、
現在のアロマテラピーには大きく分けて

フランス系とイギリス系の二つの流れがあり、

フランス系の
アロマテラピーは医師の指導のもと精油を内服するなど、
医療分野で活用されている。

イギリス系の
アロマセラピーはアロマセラピストと呼ばれる専門家によって施されるなど、医療とは区別され、心身のリラックスやスキンケアに活用されている。

日本に伝わったアロマセラピーの方法は

イギリス系に近いものであり、  若い世代で流行した。


アロマテラピーに使われる主な精油
ラベンダー
ローズマリー
クラリセージ
ペパーミント

ユーカリ
ティートリー
レモングラス
カモミール・ローマン
ローズ
ゼラニウム
レモン
オレンジ・スイート
グレープフルーツ
ベルガモット
ネロリ
サンダルウッド
フランキンセンス
イランイラン
ジュニパー
posted by K・Pigeon at 05:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー

森林セラピー(関東)高尾山

森林セラピー

高尾山 (東京都八王子市)

高尾山
高尾山 (東京都)(たかおさん)は東京都八王子市にある標高599mの山。本稿で述べる。

高尾山 (大阪府)(たかおさん)は大阪府柏原市にある標高278mの山。
高尾山 (中辺路町)(たかおやま)は和歌山県田辺市中辺路町にある標高942mの山。
高尾山 (田辺市)(たかおさん)は和歌山県田辺市上秋津にある標高606mの山。


高尾山 (東京都)


標高 599 m

位置 北緯35度37分19.1秒
東経139度14分48.5秒
所在地 東京都八王子市
山系 -
種類 -
初登頂 -


関東山地の東縁に位置する山のひとつ。

明治の森高尾国定公園に指定されており、

大阪の明治の森箕面国定公園との間に整備されている
東海自然歩道の起点でもある。
中腹には薬王院、山頂には展望台や高尾ビジターセンターがある。

暖地系の照葉樹林帯(カシなどの常緑広葉樹)と

寒地系のブナ・イヌブナ・針葉樹林帯の境界に位置するため植生が
豊かであり、しかも都市部に近い割には比較的よく保たれている。

首都圏中央連絡自動車道のトンネルおよび南麓にインターチェンジ、
北麓に中央自動車道とのジャンクション建設が進んでおり、
自然環境への配慮が望まれる。

高尾山は、東京近郊の行楽地として有名であるが、

元来は修験道の霊場であり、
現在は真言宗智山派大本山高尾山薬王院有喜寺の寺域となっている。

そのため、天然の森林が守られてきた。

中世には、八王子城主北条氏照による

「本山の竹木の伐採を禁じる」という制札が薬王院に残されており、

江戸時代にも幕府直轄領となり八王子代官・大久保長安が山林保護政策をとり、その書状が同じく薬王院に残されている。
その後も帝室後料林、国有林と常に保護されてきた。

東京都心部に近いため、明治以降、牧野富太郎をはじめ、
多くの研究者により高尾山が最初の発見地として新しい植物が発表された。

posted by K・Pigeon at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー

アロマセラピー

アロマセラピー

アロマセラピーもしくはアロマテラピー(Aromatherapy)は、


花や木など天然の香りの発する油(精油)やお香で嗅覚を刺激し、


ストレスを解消したり心身をリラックスさせたりする


代替医療の療法の一つ。

posted by K・Pigeon at 02:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー