孤独 = 自由 人は、我が儘な生き物  だから 自ら 自由を愛し 孤独を嫌う 自ら 癒しを探し 癒しを愛する  でも    自由を      手放さないから 孤独で自由でいたい  でも愛が欲しい  だから 誰れもが こころのセラピー癒しを   求めるの  だろう

ケヤキ

大きな ケヤキの木がそびえていた。

よく 見ると 大きな 鳥の巣ができてた



 ん 

   大丈夫よ

今から  違う 枝を 伸ばすから

待っててねぇ


遠くで 見守ってて


きっと  若い枝と共に

大きな ケヤキは  まだまだ 枝を増やすわ

もっと 肝の据わった大木に 

育つ から

そろそろ 冬支度 

葉はみな 風に舞い カサコソ 音をたてる

人に 踏まれカサカサ・・・・・

もうすぐ 枝だけに なるけれども

寒い冬も 絶えて 強くたくましくなる

樹皮 パリっと音をたて ヒビが入り パリンと落ちて

静かに 樹は太く成長する

人に 気付かれないよう

何年も 何十年も 何百年も


年輪を 増やし  な が ら




posted by K・Pigeon at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと語る時間
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック