孤独 = 自由 人は、我が儘な生き物  だから 自ら 自由を愛し 孤独を嫌う 自ら 癒しを探し 癒しを愛する  でも    自由を      手放さないから 孤独で自由でいたい  でも愛が欲しい  だから 誰れもが こころのセラピー癒しを   求めるの  だろう

森林セラピー(北海道)函館山

北海道

函館山

山頂から夜の函館を望む函館山(はこだてやま)は、

北海道函館市の市街地西端にある山で、陸繋島でもある。

標高334m、周囲約9km。牛が寝そべるような外観から臥牛山(がぎゅうざん)とも呼ばれる。
また、NHK・民放各局のテレビ、FMラジオの送信所が建っているが、
UHF局(HTB、UHB、TVH)は青森県側に電波が飛ばないようにするため、送信アンテナに指向性がかけられている。

また、函館山とは展望台のある御殿山 (334m) をはじめとして、薬師山 (252m)、つつじ山 (306m)、汐見山 (206m)、八幡山 (295m)、水元山 (280m)、鞍掛山 (113m)、地蔵山 (286m)、入江山 (291m)、エゾダテ山 (129m)、観音山 (265m)、牛の背山 (288m)、千畳敷 (250m) といった13の山の総称である。

山頂には展望台が設置され、

山麓からは函館山ロープウェイや一般道(ただし一般車は夜間や冬季は通行できない)を通じてアクセスすることができる。


昼間晴れた日には眼下の函館市街はもとより、

津軽海峡を挟んで遠く下北半島をも望むことが可能である。

夜間には陸繋島のくびれた形の市街に輝く街灯りと漆黒の海の部分の

コントラスト、さらにイカ釣り漁船が漁の際に灯すランプ(集魚灯)

が織り成す、美しい夜景が有名である。

夜景の中に「スキ」や「ハート」という文字を見つけると幸せになれたり両思いになれると言われている。

香港、ナポリとともに「世界三大夜景」と称される。
posted by K・Pigeon at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森林セラピー(森林浴)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック