孤独 = 自由 人は、我が儘な生き物  だから 自ら 自由を愛し 孤独を嫌う 自ら 癒しを探し 癒しを愛する  でも    自由を      手放さないから 孤独で自由でいたい  でも愛が欲しい  だから 誰れもが こころのセラピー癒しを   求めるの  だろう

癒しの世界を探して

癒しは元々、


宗教学や宗教人類学で、

未開社会の暮らしを続ける人々の間で呪術医が、

病に陥った人を治す悪魔祓いの行為についていったものだという。

上田紀行の『覚醒のネットーワーク』(かたつむり社 1990年)で、

セイロンの悪魔祓いについての言及の中で使用されたのが、

この言葉の今日のような用法での最初だという。こ

ちらの意味では、なんらかの原因で、地域社会や共同体から、

孤立してしまった人を再び、

みんなの中に仲間として迎え入れること、


そのための音楽や劇、踊りを交えて、

霊的なネットワークのつながりを再構築すること、これこそが癒しだという。

posted by K・Pigeon at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し( ヒーリング )
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック