孤独 = 自由 人は、我が儘な生き物  だから 自ら 自由を愛し 孤独を嫌う 自ら 癒しを探し 癒しを愛する  でも    自由を      手放さないから 孤独で自由でいたい  でも愛が欲しい  だから 誰れもが こころのセラピー癒しを   求めるの  だろう

アロマセラピー歴史

アロマセラピー歴史

1920年、南フランスのプロバンス地方において、
火傷の傷にラベンダーの抽出油を塗ったところ、
痛みが和らいだことから、植物の抽出油の研究が始まったといわれている。

ルネ・モーリス・ガットフォセは主に代替医療方面の技術として

アロマテラピーを研究、発展させたが、
弟子であるマルグリット・モーリーは、アロマテラピーをおもに美容方面に
活用できる技術として研究し、イギリスに伝えた。

このため、
現在のアロマテラピーには大きく分けて

フランス系とイギリス系の二つの流れがあり、

フランス系の
アロマテラピーは医師の指導のもと精油を内服するなど、
医療分野で活用されている。

イギリス系の
アロマセラピーはアロマセラピストと呼ばれる専門家によって施されるなど、医療とは区別され、心身のリラックスやスキンケアに活用されている。

日本に伝わったアロマセラピーの方法は

イギリス系に近いものであり、  若い世代で流行した。


アロマテラピーに使われる主な精油
ラベンダー
ローズマリー
クラリセージ
ペパーミント

ユーカリ
ティートリー
レモングラス
カモミール・ローマン
ローズ
ゼラニウム
レモン
オレンジ・スイート
グレープフルーツ
ベルガモット
ネロリ
サンダルウッド
フランキンセンス
イランイラン
ジュニパー
posted by K・Pigeon at 05:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック